知っておきたい海洋散骨事業者の許可・法律

 

散骨行為に法律はありませんが海には法律があります

海洋散骨を船で行う場合の認可や許可は必要ありませんが散骨のために
ご依頼者、ご家族様やそのご友人等乗船して頂き散骨事業として行う場合は
人の運送をする内航不定期航路事業の届け出を国土交通省にしなければ
違法操業となります。また登録が簡単な遊漁船業者登録のみで散骨事業
をされてる業者もありますがこちらも違法操業となります。

漁船の漁師さんやプレジャーボートのオーナーさん、自社で船を所有、運航していないが
散骨業務を外注してる散骨会社、葬儀社、石材店、他企業さんの中には
自分の船又は手配した船は『遊漁船の許可があるから大丈夫』と言う業者や会社も実際に存在するよう
ですがこの言い分は偽りまたは認識不足となります。もちろん手配された船であっても旅客申請と
航路の申請などがなされていれば問題はありません。
遊漁船登録は弊社のようなクルーザータイプの船舶でも登録できますので弊社も申請してありますが
あくまでも乗船するお客様は釣りを楽しむ方のみの乗船に限るものとなりますので
散骨に限らず船での遊覧・花火見学・イルカやクジラウォッチングなども
全て業務としておこなうには旅客・内航不定期航路事業の許可や届け出が必要となります。

それに不定期航路事業の届け出申請がなされてないと操業中に事故やトラブルが発生した場合には
業務としての保険が適用されなく乗船者も保険の適応外にもなる他、別のトラブル
に巻き込まれることも考えられますので散骨をご依頼される場合は充分ご注意ください。

海上運送法でこれらの届け出、許可なく営なんだ者には処罰として200万円以下の罰金が処せられます。

近年、散骨と言う行為は一般にだいぶ認知されてきましたが歴史はまだ浅いため散骨をおこなう側も
実際に船の運航業務に携わりがないと海の法律には精通度が低いところがあります。
葬送というものをモラルと真心をもって執り行わせて頂くことは当然ですが
散骨という良い選択肢を後世まで残していくには法律を厳守していくことも大切なことでは
ないでしょうか。

弊社では人の運送をする内航不定期航路事業届け
国土交通省 中部運輸局 静運航第15号として届け出済みです。
遊漁船登録 静岡県知事 第1258号

自分で散骨できる場所と方法・法律を含む注意点のページはこちらをクリック

ライフサポートするがトップページ